Intake 2013 : 6名(うちNanyang-Waseda 1名)

Why MBA

今までドメスティックな環境の中で経験を積んできましたが、外資系クライアントや海外企業とのやりとりを通して、海外でも通じるマネジメントスキルの必要性を感じておりました。また、今後更なる成長が期待できるアジアにて生涯に渡るネットワークを築きたいという思いが強くなり、アジアのスクールをメインターゲットとして、MBAを志すようになりました。

Why Nanyang MBA

アジアのハブであるシンガポールにて、アジアを中心としたイシューを深く学ぶことができるプログラムが最も自分の意向にフィットしていると考え、Nanyang MBAを志望しました。また、20カ国以上から集まる様々なバックグラウンドを持った仲間と共に切磋琢磨できる環境があることも志望理由の一つです。

受験スケジュール

2008年 MBA受験のための勉強を始めるも諸事情により中断

2011年10月 TOEFL学習再開

2012年7月 GMAT学習開始

2012年9月 エッセイ準備開始

2012年12月 Nanyang MBA出願

2013年2月 インタビュー(skype 1回目)

2013年3月 インタビュー(skepe 2回目)

2013年4月上旬 合格通知受領

2013年4月中旬

他にオファーを受領していたUS、香港のスクール、他選考中のスクールにwithdrawの連絡を入れ、Nanyangのオファーをaccept

2013年4月下旬

Nanyangから奨学金(授業料の一部)の通知受領、accept

費用(概算)

約170万円

以下、内訳

・予備校(TOEFL):約30万円

・予備校(GMAT、エッセイ):約50万円

・英会話教室(発音教室、Skype):約30万円

・TOEFL受験料、GMAT受験料:約40万円

・各種出願資料ネイティブチェック:約10万円

・参考書・出願費・他:約10万円

TOEFL / IELTS

TOEFLはMBA受験の中で最も苦労した部分であり、15回ほど受験しました。

半年ほどTOEFL専門の予備校に通ったのですが、思うようにスコアがあがらず、結局自己学習がメインでした。

日本人のスコアにありがちですが、ReadingとWritingの高得点でListeningとSpeakingの低得点をカバーしました。

Readingは単語暗記と多くの文章を速く読む訓練により、スコアを上げることができました。

また、Writingはある程度自分でテンプレートを作成し、そのテンプレートに当てはめる形で多くの問題を解くことによりスコアが上がりました。

Speakingは最も苦手だったのですが、発音教室に1年通ったことに加え、skypeを使ったオンライン英会話を多用することで、ある程度のスコアをとることができました。

GMAT

TOEFLに時間をとられたため、出願までGMAT受験回数が限られてしまい、出願直前に受けた3回目のスコアで出願しました。

Quantitativeは公式問題集とPrepを解いたのみで高得点をとれたのですが、Vervalはかなり苦労しました。

それでも予備校のテキスト、公式問題集やPrepを繰り返し解いたことにより、CRとSCは9割程度自信を持って解答できるくらいになりました。

ただ、RCは最後まで苦手なままで、試験では半分程度ランダムクリックでした。

AWAはTOEFLと同様、ある程度自分のテンプレートを作り、それに当てはめて問題を解く訓練をしたことにより、安定したスコアをとることができました。

エッセイ

Nanyang MBA以外にも数校出願したため、書かなければならないエッセイの数が多く、4ヶ月ほど準備期間をとりました。

自分で作ったたたき台をもとに予備校のカウンセラーから指導を受け、ブラッシュアップしていきました。

最後はEssay EdgeというオンラインサービスでNative Checkをして完成させました。

インタビュー

エッセイやレジュメに記載した内容は完璧に答えられるように準備し、Skypeのオンライン英会話で何度か練習した上で本番に臨みました。

一回目のインタビューでは拍子抜けするくらいに基本的な質問のみで、さらにインタビュアーの方のコメントが長く、インタビュアーが話す割合:自分が話す割合が7:3くらいでした。

インタビューが一回と聞いていましたが、私の場合何故か二回目のインタビューの連絡がありました。二回目は基本的なことに加え、少し突っ込んだことも聞かれました。ただ、変化球はなかったため、落ち着いて回答できたと思います。

メッセージ

MBAの費用や留学中の収入面での機会損失を考えると、ショートタームでの費用対効果は必ずしもプラスだとは言えません。ただ、生涯にわたるネットワークの構築、普通に働いているだけでは味わえない様々な経験など、プライスレスな部分により価値があると感じており、留学中も勉強で毎日大変ですが、MBAを志してよかったと思っています。

MBA受験は長く、何度も心が折れそうになると思いますが、その先に待っている素晴らしいMBA生活を想像しながら、いかにモチベーションを維持するかがキーだと思います。

もしこの記事が、NANYANG MBAをはじめ、アジアのMBAに興味のある方にとって少しでも参考になれば幸いです。

Why MBA

自社のグローバルビジネス(主にアジア)に貢献できるようになるため。海外経験がなかったため、英語力の向上と異文化体験の獲得が主目的です。

Why Nanyang MBA

シンガポールのMBAのみを志望しており、プログラムの評判、キャンパス内の寮で生活できることなどを理由に選びました。日本人学生の方のブログにも影響を受けました。

受験スケジュール

2012年4月  社内選考合格、IELTS、GMAT SC学習開始

2012年7月  IELTS1回目(6.5)、IELTS学習中止

2012年8月  GMAT学習専念

2012年10月  GAMT1回目(620)、出願スコア獲得

2012年11月  ITELS 5回目(7.0)、出願スコア獲得

2012年11月  エッセイ準備開始

2012年3月上旬 Nanyang MBA出願

2013年3月中旬 インタビュー

2013年3月   合格通知受領

費用(概算)

約230万円

以下、内訳

・予備校(IELTS、GMAT、エッセイ):約200万円

・英会話教室(Skype):約10万円

・IELTS受験料、GMAT受験料:約10万円

・参考書・出願費・他:約10万円

TOEFL / IELTS

IETLSを選択しました。理由は、TOEFLと異なり、予備校に通ったり、テクニックやテンプレートを習得しなくても対策ができると考えたためです。

Readingは、10年ぶりに呼び覚ました大学受験時の読解力をもとに、電車等の移動時間にTOEFL英単語3800の単語をレベル4まで暗記し、対策しました。GMATの勉強で難しい文章を読んだり、簡単な文章を早く読む訓練をして以降、読解力が向上したと思います。

Listeningはシャドウィングを毎日続けました。元々大の苦手と認識していたので、英語の勉強の時間の大半を注ぎましたが、なかなか効果を感じなかった分野です。

Writingは、過去問をTask1,2共に20回ずつほど書き、ネイティブスピーカーに添削してもらいました。Task1は使いやすい表現を覚えました。ここで覚えた表現は留学でも活きています。

Speakingは、フィリピンのオンライン英会話やネイティブスピーカーとの会話を続けました。これで試験への対応はある程度できるようになりました。

GMAT

アプライに必要な600点を超えることに焦点を当て勉強し、結果的に1回で終えることができました。

まず、YESに5月~7月に行ってSCを勉強した結果、SCが得意になりました。ここで習った英文法は、MBAの準備の中で最もためになりました。

その後、濱口塾に入塾し、Math、 VerbalのCR、RCの教材をこなしました。通学をする時間がなかったので、オンラインで質問でき、かつ講義を音声ファイルで聞ける点が良かったです。SCに比べCRは最後まで苦手でした。RCも比較的得意でした。Mathは、濱口塾の教材を一通り勉強しました。

AWAは過去問の回答集に目を通しパターンを知ったうえで、2,3回程度練習しました。これも使いやすい言い回しを回答集から抜き出し、覚えておきました。

IRは、試験導入1年目で評価の対象外であったため、公式問題集を試験1週前にやっただけです。

エッセイ

元FECの木下(現L-INK)にお願いしました。会社から近いということとネットでの評判がよい印象を受けたからです。各設問に対して日本語で素案を作り、それに対してカウンセラーのフィードバックをもらった後、自分で英語で書きました。

その後、ネイティブのMBAカウンセラーにチェックしてもらいましたが、残念ながらその質に満足できず、色々なネイティブの人にチェックしてもらいました。MBAカウンセラーでなくても教養あるネイティブに頼むのが一番いいと思います。

また、アジアの学校であれば、TOEFL/IELTS、GMATの点数が基準点を超えていれば、インタビューに呼ばれると思うので、インタビューの方に時間をかけた方がよいと思います。エッセイの過程で英作文をたくさんしたことは、ためになりました。

インタビュー

暗記を薦めない人もいますが、自分は練習の過程で、その場でロジカルに答えるほどの英会話力がないと判断したため、基本、暗記しました。

自分のリーダーシップ、コミュニケーション、マネジメント上の強み、それを裏付ける経験、そこから得られた教訓、また自分の業界や日本の経済についての意見を英語で用意しました。Skype面接は特に緊張もせずやりやすかったです。

メッセージ

共働きで、子供もいたため、時間のマネジメントに最も苦労しました。1年間ほとんど飲み会も行きませんでした。家族や会社の方々のサポートにとても感謝しています。私は、1年間の勉強のみでMBA受験を乗り切りましたが、多くの方がおっしゃるように、MBAでの学びを最大化するためにも、英語はしっかりと地力をつけられてから留学するのが本当によいと思います。

なお、NTUをお勧めできる点は、フルタイムの生徒約70名の大半が同じ学内の寮に住んでおり、グループワーク、宿題、試験勉強、スポーツ、食事、雑談等多くの時間をクラスメートと共有することができる点です。学生生活を楽しむという点ではとてもよい環境だと思います。また、様々な地域から来る生徒は日本のビジネスや文化に興味を持っている方がとても多いです。また、教授も、日本で働いたことがある方、日本語のできる方もいらっしゃり、授業では日本の事例もよく取り上げられます。その意味において、日本人が活躍、貢献できる機会の豊富な学校だと思います。

Why MBA

前職において、コンサルティングプロジェクトをほぼ一人でやり遂げた結果、コンサルタントとして自信がつき、一層、視野を広げたいという思いが芽生えました。

職場において、人を使って複数のプロジェクト・仕事を同時に進めることが得意で、一番達成感を得られました。そのような役割を果たすのは何者かと考えた場合に、経営者やリーダーという役職が一番フィットすると思い、それならばと思った結果、MBAを志しました。以前より、国際的な環境で仕事をしたかったというのも一因です。

Why Nanyang MBA

なぜ、シンガポールかについては、多くの多国籍企業がアジア統括支社を構えるほどのグローバル環境が整っていること、そんなシンガポールの急成長している姿を目にしていたかったこと、他国と比べ費用対効果が高いこと、温暖な気候であることが理由です。

その中で、Nanyang MBAを選択したのは、20か国から集まる生徒達のダイバーシティの高さ、クラスメート同士の仲が良いこと、リーダーシップとサステイナビリティを重視したプログラムを提供していることが理由です。

受験スケジュール

2011年8月 TOEFL学習開始(奨学金応募のため)

2011年9月 ロータリー財団奨学金出願用 エッセイ準備開始

2011年10月 IELTS学習開始

2012年4月 ロータリー財団国際親善奨学生合格

2012年6月 GMAT学習開始

2012年11月 エッセイ準備開始

2012年12月 Nanyang MBA出願

2013年2月 GMAT完了

2013年3月 初めインタビュー(キャンパスビジット)

2013年3月 上旬 合格通知受領

費用(概算)

約150万円

以下、内訳

・予備校(TOEFL、IELTS、GMAT、エッセイ):約100万円

・英会話教室(プライベートレッスン):約10万円

・TOEFL、IELTS受験料、GMAT受験料:約20万円

・各種出願資料ネイティブチェック:約10万円

・参考書・出願費・他:約10万円

TOEFL / IELTS

受験には、IELTSを利用しました。(OA 6.5  L 7.5 R 7.0 W 6.0 S 6.0)全部で4回受験しましたが、最初の2回はRやWのタイムマネージメントに失敗、S は6.0まで達せず、SkypeによるIELTSスピーキング対策コースを受講後、6.0まで延びました。

ListeningはIELTSやTOEFL教材を用い、通勤時のリスニングと自宅でのシャドーイングによって対策を行いました。

Readingも隙間時間を利用した、IELTSの過去問題集のほか、TOEFL用の単語集暗記とエコノミスト購読で訓練しました。

Writingはテンプレートを暗記、IELTS対策本をよく読んで、イメージトレーニングした位で、あまり対策していません。

Speakingは、8年前に1か月の語学留学経験があったことや、プライベートレッスンをそれから続けていたことで、苦手意識があったわけではありませんでしたが、思うようなスコアが出ていませんでした。Skypeを使ったIELTSスピーキング対策講座を利用し、目標の6点台を達成しました。

GMAT

初夏にMathの公式問題集を解き対策を開始、夏休みにSCの塾に1か月通いましたが、これらは非効率な勉強法だったと思います。その後方針転換し、マスアカ、Prep、予備校のAffinityを利用し、多忙な仕事と都合をつけながら、受験2回目のスコアで何とか出願しました。自分のレベルを測るためPrepで何度も模試を受けてみるとよいと思います。

MathはマスアカとPrepをひたすら極めることが近道です。公式問題集というよりかPrepだと思います。

Verbalは、全部Affinityに通いました。CRの授業が有名ですが、SC(ネット配信)やRCも、システマティックな解法や試験で聞かれているポイントが押さえられていいと思います。予備校のテキストを信頼しつつ、講義の宿題にもなっている公式問題集や、Prepでの実践演習で、対策しました。CRとSCの回答率は8-9割程度まで追い込みました。

ただ、RCは4問中2問、文章が短いものを選んで回答しました。これで31まで達しました。

AWAはIELTSの延長のような感じで、テンプレートを利用しながら、理由や事例を書くことを意識、十分な量を書くことに専念しました。

エッセイ

冬場になるにつれ、仕事が忙しくなり、シンガポールMBA2校のみに専念し集中突破する戦略を取らざるを得ませんでした。基本的にEメールベースで添削指導のやり取りを行う、ビジネスパラダイム社を利用し、2-3ヶ月ほどで完成させました。

8年の職務経験があったため、それほど、エッセイに書く事例には困りませんでした。

インタビュー

Manabi.stというMBAインタビュー用の対策をしてくれる所で、Skypeで面接の訓練をしてもらいました。重要な質問にどう回答すべきか、事前に想定問答しておくことは重要です。

一発で決めたかったので、3月に休みをとって弾丸でビジットしインタビューを受けました。自分のバックグラウンドと近いためか、MBAのファイナンスの教授が担当してくださり、時間は1時間弱くらいだったでしょうか。挨拶や世間話から始まり、基本的な質問が多かったと思います。

ちなみに、当日は午前中にSGに到着、ホテルで休憩後、面接を夕方に受けました。スーツ姿で、羽田空港で買った抹茶の和菓子をお土産に持っていきました。

メッセージ

私の場合は、MBAという資格取得を目的に留学しに来たというよりか、この1年間でどれだけ国際経験をできるか、もっと言うと、自分のこれまでの経験をもとに国際的な環境で活躍できるか、多国籍な生徒の中でリーダーシップを発揮できるかということを目標にしています。

ただ、その手段がMBAの授業におけるグループワークだったり、海外におけるインターンシップだったり、ロータリー活動だったり、海外からの留学生との交流活動だったりするわけです。MBAの授業だけではもったいないですからね。

この先の将来の夢をかなえる可能性を高める、あるいは、これまで体験できなかった新しいものを見て感じて自分の視野とやりたいことのバリエーションを広げるという意味で、MBAの価値を日々実感しています。授業ではコールされることも多いですが、うまく対応できる度に、自信もついてきています。

目的を明確にし努力を継続していれば、必ず結果がついてきます。皆さんも、期待を胸に頑張ってください。

Why MBA

9年間の会社生活の中で、将来は、海外グループ会社の経営に携わるという目標を立てました。そのためには、経営学の知識、英語力、そして、外国人との共同作業経験(グループワーク)が必要だと思い、その全てを学べるMBAを志望しました。

Why Nanyang MBA

幼少時代、インドネシアで過ごした経験と、会社がアジア中心にグローバル化を進めている状況を鑑みると、必然的に志望エリアはアジアの中心であるシンガポールに限定されました。シンガポールの中で、Nanyangを選んだ理由は、①多くの国籍の外国人が在籍している、②学生のほとんどが寮生活で、一体感がある、③1年間というプログラム期間が魅力的であった(社会人経験をロスする時間を最小限に抑えたかった)、④市内からやや離れた場所にあるため、勉強するには良い環境であると思ったためです。

受験スケジュール

2011年6月 社内選考合格

2011年7-9月

TOEFL対策のため、週末、東京の予備校に通学(福岡勤務)

2011年11月

福岡で予備校(TOEFL)に通学&大阪の濱口塾(GMAT)で音声授業受講

2012年4月

TOEFLのスコアが上がらず、12年の出願を見送り、13年の出願を目指す

2012年12月 TOEFL出願スコア獲得

2013年2月 GMAT出願スコア獲得

2013年1-3月 濱口塾でエッセイ対策に注力

2013年3月 出願

2013年3-4月

インタビュー対策に注力

(濱口塾提携の専門講師&ネイティブとの個人レッスン&レアジョブ)

2013年5月 合格

費用(概算)

約300万円

・TOEFL&GMAT受験代 約80万円

・TOEFL予備校代 約63万円

・GMAT予備校代 約42万円

・エッセイ・インタビュー対策 約115万円

TOEFL / IELTS

TOEFLは、受験生の英語力を測る試験で、大抵の日本人は、Listening/Speakingに苦労しますが、私もその顕著な例で、最後の最後までその課題を克服することができませんでした。また、なかなか結果の出ない私は、合計35回も受験する結果となってしまいました。

それぞれのセクションで感じたことを記載します。

Readingに関しては、受験前の英語力が高ければ比較的すぐに高得点を獲得できますが、私の場合、開始段階で英語力が低かったので高得点(20点代後半)をとるのには時間を要しましたが、勉強開始後1年でコンスタントに高得点を獲得できる様になりました。単語力と読解力を地道に鍛えて、あとは解法テクニックをアゴス等の予備校で学べば良いと思います。

Writingに関しては、最も安定的にスコアを獲得できるセクションであり、私は勉強後半年で20点代後半を獲得できる様になりました。予備校のテンプレを活用するのが得策で、あとはエッセイ対策を早めに実施して、書く練習をすることが大事だと思います。

Listeningに関しては、一番苦労し、最後まで25点以上の高得点を獲得することができませんでした。シャドーイング、リピーティング、ディクテーションといったListening勉強法は全て試し、勉強時間以外、家ではABCニュースを常に流しておりましたが、スコアアップできませんでした。勉強中の集中力をもっと高めることと、早い段階でネイティブとの英会話を実施した方が良かったと今では思っております。(英会話はインタビュー対策から実施しました)

Speakingに関しては、Listeningの次に苦労しました。Listeningと同様に、早い段階でネイティブとの英会話を実施した方が良かったと今では思います。

GMAT

GMATは受験生の能力を測る試験で、大きくは、Verbal(国語)とMath(数学)、AWA(エッセイ)に分けられます。TOEFLよりも難易度は高く、苦手とする日本人が多い試験です。この試験は、独学での勉強は不可能に近く、効果的な予備校を選択することが高得点をとる近道かと思います。私は、濱口塾という大阪の専門学校に入学し、音声授業やスカイプによる質問を行っておりました。

エッセイ

エッセイは出願書類の中で最も重要な提出物で、大学によってお題は異なりますが、「なぜMBAか?」「なぜ、その学校か?」「自分の強み/弱み」「学校への貢献」等を徹底的に突き詰めます。考えるプロセスが重要で、私は上記の濱口先生とスカイプとE-mailで何度もディスカッションを行いました。

また、インタビュー後、合格率を少しでも高めるために、実際にNanyangを訪問することで志望動機が更に高まったという内容の追加エッセイを提出しました。

インタビュー

インタビューは、書類選考後の最後のプロセスで、英語でのコミュニケーション力、内容(論理的かどうか)、プレゼンテーション能力等を測られます。圧倒的に英語力の低い私が、一番不安とするプロセスでしたが、濱口塾提携の専門講師とのインタビューレッスンを受けることでその課題を克服しました(スカイプで1回1時間、計15回受講)。そのレッスンは、模擬インタビューを40〜50分実施して、残りの時間がフィードバックに充てられます。そのアドバイスが、明確かつ論理的で、私は毎回録音し、その内容をノートに書きとっていました。そして、その内容をレアジョブ(25分60回)、ネイティブとの英会話(1時間10回)で何度も繰り返し、復習を行いました。実際のインタビューで問われたことは、ほとんどがトレーニングしていたため、自信を持って話すことができました。また、私はスカイプによる面接ではなく、直接訪問して面接を受けました。Face-to-Faceの面接は、面接官とのコミュニケーションが図りやすいと思ったためです。

メッセージ

私は、大学内部進学(大学受験経験なし)&体育会だったため、中学生以来の本格的な勉強になりました。その代償は大きく、合格するまで2年という長い年月がかかってしまいました。しかし、そんな私でも何とか合格を勝ち取ることができたのは、受験仲間がいたからだと思います。通常業務をこなしながらの受験勉強は思った以上に精神的に辛く、同じ境遇の受験生達とモチベーションを高め合うことが重要だと思います。私は、福岡で出会った数少ないMBA受験生と、常に情報の共有化&モチベーションを高め合っていました。

また、実際にNBSに来て良かったなと思うことは、20カ国から来ているクラスメートと密な関係を築けていることです。ほとんどの学生が寮生活をしているので、四六時中一緒の時間を過ごしております。その中で、多くのグループワークやプレゼンテーションを通して、外国人と対等に仕事ができるという自信も少し付いてきました。

MBA受験は生半可な気持ちではできない非常にタフなものですが、受験勉強、そして学校生活を通して戦友ができることが最大のメリットだと思います。皆様も、戦友を作り、お互いを高め合い、合格を勝ち取って下さい。

 

Intake 2013

Case 1

Case 3

Case 2

Case 4

Copyright (c) 2017 Nanyang MBA Unofficial Japanese Website All rights reserved